毎日の歩行で弱る関節【変形性膝関節症の緩和術】

老夫婦

健康や病気に役立つ働き

サプリメント

キトサンはカニやエビの甲羅に含まれる成分で、これが人の体を健康体にしてくれる効果があるとして高い関心が集まっています。その効果には、コレステロール値の抑制や脂肪や塩分の除去などがあります。免疫力も向上させてくれるため、病気予防や健康体を目指していくことができるのです。

Read More...

自然を意識した会社

シニア

自然を活かすことにこだわりのある世田谷自然食品は人気がある。取り扱う素材や成分はすべて自然のものが基本となっているようだ。またスタッフ一同、利用者の満足度を高めることを意識し、接客対応などに力を入れているのも特徴だ。

Read More...

膝の痛みにはカルシウムを

男性

関節に水が溜まる

高齢者によく見られる膝の障害に変形性膝関節症というものがあります。これは、老化などによって筋力が低下したり、肥満などが原因で起こります。ほとんどの場合、「膝に水が溜まる」と言われる症状が起こりますが、これは関節を覆歩行う関節包の中に関節液が溜まっている状態を指します。病院によっては、この溜まった関節液を抜く処置を行います。この治療はすぐに痛みが取れるため人気がありますが、繰り返し関節液を抜き続けることで、より関節液が溜まりやすくなっています。なので症状を悪化させる可能性が高い治療法だとも言われています。変形性膝関節症はほとんどの場合痛みの症状を伴います。なので、痛みを解消もしくは緩和する治療が好まれる傾向にあります。しかし、根本原因を解決しない限り、痛みは繰り返し現れます。食事や生活習慣などから見直すのが最も大切だとされています。

女性に多い

変形性膝関節症は関節の障害です。なので、関節を構成する骨の状態を良好にすることは非常に大切だと言われています。骨を構成する最も重要な成分はカルシウムです。年齢を重ねるにつれて、骨のカルシウムが減少してしまいます。特に女性の場合、閉経などによってホルモンバランスが乱れることで骨粗しょう症などの骨の疾患に罹患しやすくなります。変形性膝関節症の発症年齢は50歳代から60歳代で、男性の2倍から4倍程度女性に多く発生します。なので、中年以降では特に積極的にカルシウムの摂取を行う必要があるのです。年齢を重ねると硬いものが食べられなくなったり、食事量が減ったりすることでカルシウムが不足しやすくなります。そのような場合には、サプリメントでカルシウムを摂取することが望ましいとされています。食事で摂取しきれなかった分をサプリメントで補うことができれば、変形性膝関節症の症状緩和や改善、予防にも繋がります。最近では、後遺症や副作用の面から、食事やサプリメントで安全に治療や予防を行う人が増えています。

改善するためにできること

スーツの女性

マッサージやツボ押しをする、湯船にゆっくりつかる、適度な運動をするなどの生活の工夫でむくみを解消することができます。最近では、食生活を見直すことでむくみを解消しようという考えが浸透し、実践する女性が増えてきています。

Read More...